魔法少女まどか☆マギカ

アニメはあまり見ないという方も多いと思いますが、この時代にはありとあらゆるジャンルのアニメが放送されています。
高校生のゆるい日常を綴ったアニメや、同じ高校生でもインターハイを目指して汗をかき、仲間と切磋琢磨する熱いスポーツアニメ。
昔から人気の高い、超能力などを駆使して強い敵を倒し、世界や恋人を救う物語だってもちろんあります。
奇妙な設定や、特徴のありすぎるキャラクター達が好き勝手に動いて笑わせてくれるものや、話題のホラー映画のように背筋のぞっとする話もあって、アニメは年々多様化しているのです。

さて、現在のアニメの状況についてはこのくらいにして、私のおすすめのアニメを2つ紹介したいと思います。

まずは「魔法少女まどか☆マギカ」です。
このアニメは2011年に放送されたもので、普通の女子高生が魔法少女となり、人間を襲う魔女と戦う物語です。
「魔法少女」といえば、「おジャ魔女どれみ」や「魔法戦士セーラームーン」などを想像する方も多いかもしれませんね。
変身して魔法を使い、悪の敵を倒すことで、平和を守る。そんなイメージでしょうか?
確かに「魔法少女まどか☆マギカ」でも変身したり、魔法を使います。
ただし!仲間と力を合わせて、みんな幸せ、なんてことにはならないのです。
魔法少女達は強敵を前に倒れていくことだってあるし、守るべきものの価値が分からなくなってしまうこともあります。
物語の途中では魔法少女の悲しい秘密が明らかになり、そしてそれを利用している存在が見えてきます。
「魔法少女」というメルヘンチックな響きとは裏腹になかなか悲しく、感動的なアニメ。
それが「魔法少女まどか☆マギカ」となっています。
全12話で構成されており、個人的には特に10話が印象深い話だと思います。
また、この作品は非常に人気の高いアニメなので、とりあえず知っておけばアニメ好きな人との話のネタにもなりますよ(笑)

もう1つは「進撃の巨人」です。
人類は壁に囲まれた街の中で過ごすしかない世界の物語です。
なぜ壁の中なのか?
それは人間を食べる巨人達が、壁の外に存在しているからです。
巨人ってどんな大きさなの?と思うかもしれませんが、3m程度のものもいれば5、60mにも及ぶ大きさのものまで作中には登場しています。
そんなに危ないなら、壁から出なければ良いじゃない!
なんて思った方。私もそう思います。壁の中でぬくぬくしていたいです(笑)
しかし、ある日、壁の一部が巨人によって破壊されてしまうのです。
その日、母親を目の前で巨人に食べられてしまった主人公エレンは、巨人への恨みを胸に安全区域に移動することになります。
物語が進むにつれて、明らかになる事実と、深まる謎。
さらに、巨人と戦うための立体起動装置と呼ばれるものを利用した移動・戦闘シーンの滑らかな動き。
これらがこの作品の魅力になっていると思います。

どちらも残酷なシーンがあるので、苦手な方は注意してください……!
アニメをあまり見たことがない、という方が手っ取り早くアニメ好きの人と話題を持つには、こういった有名タイトルから見ていく、というのも1つの手段だと思います。
しかし、他人との話題を持つためにアニメを見るのもいいですが、やっぱり自分が好きな作品を見つけて楽しむのが1番ではないでしょうか?
始めにも書いた通り、アニメはいろんなジャンルがあります。
その中からなにか好きな作品に出会えると良いですね♪